お題について How It Works

お題の順守 キャラクター、小道具、台詞

各都市のキックオフ・イベントにおいて、お題として、キャラクター、小道具、台詞の告知をコンペ開始の数分前に行います。

3つのお題はあなたの映画おいて必ず扱われなければなりません。

これらのお題は各都市によって違いますが、その都市のコンペに参加した全てのチームは同じお題を与えられます。お題をどのように映画に取り入れるかは各チーム次第ですが、より上手く、クリエイティブに扱うことが求められます。

New To The 48?


Examples of Previous Characters

名川(ながわ) 匡輔(きょうすけ)or 小梅(こうめ) / ラジオパーソナリティ Tokyo, Japan 2018

末影 貫輝 or 鳴海, 絵本作家 Tokyo, Japan 2017

牧統 順一 or 純, フードセラピスト Osaka, Japan 2017


Examples of Previous Props

ストップウオッチ Tokyo, Japan 2018

雨ガッパ Osaka, Japan 2017


Examples of Previous Lines

「断ってもいいんだよ。」 Tokyo, Japan 2018

それが東京だよ。 Tokyo, Japan 2017

"何度同じことを言わせるんだ。" Osaka, Japan 2017

台詞

お題としての台詞は映画の中で必ず音声で聞こえるか、文字などで目視できなければいけません。外国語でもかまいません。ただし、もしそれがお題の台詞であるかどうか分かり難い場合は字幕などで翻訳してください。

キャラクター

お題のキャラクターは主役である必要がありませんが、必ずスクリーン上に、それと分かる形で登場しなければなりません。観客が認知できさえすれば、名札や字幕紹介などは必要ありません。

小道具

お題の小道具は必ずスクリーン上に登場し、ストーリー上、何らかの方法で使用されなければいけません。

お題の順守

映画が審査される際に、どれだけお題を順守しているかが重要なポイントになることをご存知ですか?ジャンルとキャラクター、小道具、台詞をうまくストーリーに取り込みましょう。

お題をエンドクレジットに入れるだけ、は無効

3つのお題はあなたの映画のストーリーの中で登場しなければなりません。エンドクレジットの中だけに記載するのは、使用したとみなされません。

重要なお知らせ: 模倣コンペに注意Privacy Policy

Copyright © 2001-2018 48 Hour Film Project, Inc. All Rights Reserved