The 48 Hour Film Project

48 Hour Film Projectについて

48 Hour Film Projectとは

48 Hour Film Projectはあなたがチームの仲間と共に台本書き、撮影、編集、楽曲を付けるまでの全ての作業を48時間以内で行い映画を作る、そんな過酷で刺激的な眠れない週末のことです。

コンペが開始される金曜日の夜に、あなたはお題としてキャラクター、小道具、台詞、ジャンルを受け取り、48時間で映画を完成させなければなりません。そして、コンペが行われた次の週に、その映画は開催都市にある映画館で上映されます。

2013年は7大陸以上の都市で0人近い参加者によって、0もの映画が作られました。今年、わずか48時間で映画を作るべく世界中から集まったフィルムメーカーと共に我々はさらに躍進します。

私たちの使命

48 Hour Film Projectの使命は、映画製作を推進し、フィルムメーカーの成長を促進することです。映画祭、コンペティションを通して、我々はフィルムメーカー、そしてフィルムメーカーを志す人がこれを機会に世に出て活躍することを応援します。48時間という厳しい時間制限の中で参加者は、高い創造力と優れたチームワークという課題に正面から向き合うことを余儀なくされます。参加者は時間制限によって特殊な制約を受けますが、同時に、“議論”することでなく“行動”することを選択することにより、その制約から解放されます。

我々の歴史

2001年、48HFP総合プロデューサーであるマーク・ラポートは、ふと『48時間で映画を作るとどうなるのか?』という奇抜なアイデアを思いつきました。彼は早速仲間のリズ・ラングストンに協力を求め、ワシントンDCのフィルムメーカー達と共にこの試みに兆戦しました。当初は大きな疑問でしたが、結果は素晴らしいものでした。

それから10年、プロジェクトは目覚しい成功を収め、今や800以上のコンペティションが世界中で開催されています。2014年はアトランタ、ロサンゼルス、ニューヨーク、オースティンが13回目の開催を向かえ、ワシントンDCでは15回目となりました。

過去の参加チームで最も小さなチームは1人で構成され、彼は設置したカメラの前で演技をしました。最も大きかったチームはアルバカーキのチームで、116人と30頭の馬がチームメンバーでした。長年に渡り、25,000のチームが参加し、1チームあたりの平均人数は13人、総数で約325,000人もの人々が呼びかけに応え映画作りに参加しました

もっと詳しく

我々に関する報道記事を御覧ください。